様々な女性特有の悩みを改善するために骨盤底筋を鍛える

骨盤底筋は下腹部の臓器を支える筋肉とじん帯の総称で、この箇所を鍛えることで色々な女性に良く聞かれるトラブルが改善されます。
大きさはとても小さく、膀胱や直腸が下がらないように骨盤から支えている筋肉群で、尿道や肛門を締めるなど重要な働きを持っています。

ここが衰えてしまうと、尿漏れや歪み、便秘といったトラブルの原因に繋がります。
この筋肉群を鍛えると体に軸ができるので、骨盤の歪みが治り、背筋が伸びて正しい姿勢になれます。

さらに、生理不順や月経前症候群の改善、ヒップアップやバストアップといった効果も期待できるでしょう。

ではここで、強化する方法として簡単に行えるエクササイズを紹介します。
まず、床やベッドの上といった場所で仰向けに寝た状態で膝を立て、足を肩幅位まで開きます。

次に、肛門や尿道を締めながら体の中に引き上げるイメージで力を入れ、この状態を5秒間維持し、その後は力を抜いてリラックスさせて終了です。
もしも横になれる場所が無い場合や、やることを忘れてしまいそうになる方は、椅子に座った状態、あるいは机にもたれても同じ方法で行えます。

1セットを10回行うのが目安で、ポイントとして、肛門は尾てい骨を押し上げるように、尿道の方はトイレを我慢している時をイメージすると分かりやすいでしょう。
方法はこれだけで非常に簡単ですから、わざわざ時間を作らなくても、寝る前やちょっと休憩時にでも行えるのでお勧めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:骨盤

このページの先頭へ