骨盤の歪みを治す事は、健康な体と理想のプロポーションを手に入れる事に繋がります

骨盤は、座り方や姿勢など、日常生活の習慣が原因で歪んでしまいます。
骨盤は体の中心にあり、背骨・首・肩・下半身に影響を及ぼしますので、その歪みは頭痛・腰痛・肩こりなどの原因になります。

また、骨盤の歪みによる筋力の低下が血行やリンパ循環の不良を引き起こし、生理痛・むくみ・冷えなどの原因にもなります。
更に、代謝の悪くなった下半身を中心に太りやすい体質になってしまうなど、様々な不調の引き金になるのです。

歪みは自宅で出来る体操などで簡単に治す事ができ、理想のスタイルや痩せやすい体質に一歩近付けるというメリットも期待できます。まず、脚を肩幅に開き、両手を腰に当てて、背筋をまっすぐに伸ばして立ちます。その状態で腰をゆっくり大きく左右10回ずつ、フラフープを回すように動かしていきます。

次に、上半身をゆっくり前に倒して、体を起こして腰に手を当て、ゆっくり上半身を後ろにそらします。これを、背筋とふくらはぎの筋の伸びを感じながら10回繰り返します。
このように、腰を回す、前屈と後屈などの簡単な運動を繰り返す事で歪みを治す事が可能で、また、腹筋運動などで筋力を鍛える事も歪みにくい体質作りに役立ちます。

そして、座る時も立っている時も姿勢を正す事と、重心が片方に偏らないように足を組まない事や仰向けに寝る事など、普段何気なくしてしまう日常生活の習慣を見直すことも重要です。歪みを正常な状態に治して、健康な体と理想のプロポーションを手に入れましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:骨盤

このページの先頭へ