骨盤を閉めるには3分で出来る簡単エクササイズがお勧め

開いたり歪んだりしている骨盤を閉めると、脚のラインが美しくなったり、下腹部やウエストが引き締まるなどの効果が期待出来ることを知っていますか。
そもそもこの骨盤は体の真ん中にあり、上は背骨、下が股関節と繋がっていて、全身をしっかりと支えるための土台の役割を担っています。

形は腸や内臓といった器官を包み込むようになっており、腸骨や仙骨などが組み合わさって出来ています。

そのため、歪みや開きが生じると器官に影響を与え、便秘や下痢、さらにはボディラインが崩れて内臓が下垂し、ぽっこりとしたお腹となるのです。
では、対策としてどういったものが挙げられるのかと言うと、簡単に行えるエクササイズがありますからその方法について紹介します。

まずは、足を肩幅程度に開いて立ち、つま先は自分の広げられる最大まで外側へ向けましょう。
この状態のまま45秒間かけて腰を落とせる所まで低くして、15秒間かけて元に戻します。

次は、反対につま先を可能な限り内側へ向けて、同じように腰を落として上げるという動作を行います。
戻したらつま先はそのままで、背筋を真っ直ぐに伸ばしながら上体を出来るだけ前へ倒し15秒間保ちましょう。

僅か3分間の運動を1日1回、自分の好きな時にするだけなので、特別時間も取られないですし、テレビなどを見ながらでも簡単に出来ます。
こういったエクササイズを取り入れて骨盤を閉めることにより、不調を感じずボディもお腹回りを中心に引き締められます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:骨盤

このページの先頭へ