骨盤を立てると姿勢が良くなりダイエット効果も得られます

骨盤とは一体化した腰の骨部分の総称で、左右一対の寛骨とその間にある仙骨と尾骨で形成されている、上半身を支える背骨と骨格の中で最も大きい大腿骨の間にある骨です。この骨盤が歪んだり開いたりしていると肩こりや腰痛、頭痛、生理痛、睡眠障害や自律神経失調症などを引き起こすことがあります。

また、顔の歪み、下半身太りや便秘、むくみや冷え性、猫背、O脚やX脚にもなるケースが見られます。骨盤を正しい位置に立てることによって、ポッコリお腹が解消されてヒップアップに繋がり、美足を手に入れることにもなるという、まさにダイエットには効果的な方法があります。

更に、冷えやむくみも解消されて、毎月悩んでいる生理痛も楽になり、ぐっすり眠れたり美肌にもなるという様々な効果が得られます。
骨盤を正しい位置に立てるには、まず、自分の正しい姿勢をチェックすることが大切です。

壁の前に立ち、頭、肩、お尻、ふくらはぎ、かかとの5か所がちゃんと付くかどうかを確認しましょう。肩が付かない人は猫背になっていたり、腰の後ろが空いている人は反り腰になっているなどの判断ができます。お尻を締めた状態で5か所のポイントが壁に付くように正しい姿勢を練習しましょう。また、座った時の姿勢も歪みに関連してきます。

出来るだけイスに深く腰掛けて背筋を伸ばし、足を組む時は左右両方、横座りする時も左右交互にするように心掛けましょう。他にも簡単なエクササイズがあり、足を肩幅に広げて手を腰にあて、時計回りに10回程度、反対も同様にゆっくりと腰を回します。健康維持の為にも、骨盤を立てて美しい姿勢を保ちましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:骨盤

このページの先頭へ