出産を機にした骨盤矯正がお勧め

妊娠7週目くらいから出始めるリラクシンというホルモンは母体の関節を柔らかくしますが、そのホルモンは産後1ヶ月後位まで出続ける為、お腹の中にいる胎児の重さや出産、そして産後の赤ちゃんの世話等での無理な姿勢が重なり、骨盤はどんどん歪んで開いてしまいます。

また、恥骨の結合部に歪みが生じ、更に会陰部の痛みを和らげる為に膣に力を入れない生活を続けていると骨盤底筋も緩み、尿漏れや便秘、冷え性を引き起こします。

自然分娩では赤ちゃんが生まれると同時に骨盤が閉じようと働きますが、帝王切開の場合は、体が出産を認識せず骨盤が開いたままになってしまうので、特に矯正が必要と言えるでしょう。

その反面、関節の柔らかいこの1ヶ月間は骨盤矯正に最も適した時期と言え、早めにバランスを整えると腰痛や股関節痛の改善、そして体型の回復が早くなる等の利点がある為、妊娠前から歪みがあった方もこの期間を逃さずに直してしまうことをお勧めします。

しかし、自己判断で強い圧力を与えると逆に関節を傷めたり歪ませたりする恐れがあるので、産後の骨盤矯正は整体等でプロの施術を受ける方がやはり安心でしょう。
矯正をすると母乳が良質になり出も良くなるので、赤ちゃんの健康にも繋がります。

また、骨盤は体のバランスを保っている部分の為、歪みがあるとリンパの流れが悪くなり、筋肉で繋がっている部分に無理な力が加わって腰痛や肩こりを併発する等、どんどん不調箇所が現れて、肌も透明感が薄れていきます。出産を機に骨盤矯正を行って、育児はもちろんその後の人生もはつらつとして過ごしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:骨盤

このページの先頭へ