様々な原因がある骨盤の痛み

骨盤の痛みは多くの女性が経験するもので、場所や症状、原因も人によってさまざまです。通常では排卵時や月経等によって表れ、鈍痛や締め付けるような感覚等に加えて、吐き気や発熱が伴うケースも珍しくありません。

子宮や卵巣をはじめとする生殖器や、盲腸等の骨盤内に位置する臓器に不調や疾患がある時、また、時には腹壁や腸、腎臓、尿管等の外側の臓器の異常で現れることもあり、症状が腹部まで及ぶ場合はそれらの疑いがあるので、整体やカイロではなく内科の受診が必要になります。

加齢によって靭帯が緩み仙腸関節が変形していると股関節や恥骨部分に痛みが生じ、デスクワーク等で一定の姿勢を長時間続けた時や悪い姿勢が続いた場合等は、大腰筋や太腿裏のハムストリングスに負荷がかかり発症することもあります。

他には、体中の筋肉を覆う筋膜の異常や子宮外妊娠、排卵痛や尿路感染症等、これらの原因を自分自身で突き止めるのは無理なので、痛みを感じたらすぐに医療機関で受診しましょう。

特に、急に激痛が起きた場合は子宮内膜症や筋腫、更に虫垂炎や大動脈瘤等緊急の手術が必要な場合もあり、時として命に関わる可能性も否めません。
そういった病気以外の腹部関節全体の異常を予防する方法としては、骨盤底筋を鍛えるストレッチが最良なので日課にすることをお勧めします。

仰向けの状態で膝を両腕で抱えてお尻全体を持ち上げ、腰の部分に意識を集中するだけで良い為、普段からこのストレッチや軽い運動等で体調を整える心掛けをし、不調や病気を近づけないようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:骨盤

このページの先頭へ