産後は骨盤ベルトをしましょう

無事に出産が終わった後は気が緩んでしまいますが、産後は骨盤が開いているので、体のために骨盤ベルトをするようにしましょう。
骨盤が開いていると内臓が垂れ下がってくるので、健康な体を保つことができなくなります。

そして、恥骨の筋肉が伸びているため、力を入れる体操を取り入れていくことも大切です。
恥骨の筋力が緩んでいると、トイレに行く前に漏らしてしまうこともあります。
産後は体の至るところが衰えているので、大事に生活をしないといけません。
産後一週間は入院しますが、その後は普通の生活に戻ることになります。

特に初めてお産する人は色々なことに慣れていないので、焦らずに取り組んで行くことが大切です。
思うように体が動かなくても、直ぐに元気になって頑張れるという気持ちを持って、明るい自分を保つようにしましょう。

また、出産時に出血がひどくて貧血になってしまう人も多く、産後大変な思いをする人もたくさんいるようです。
産後は骨盤ベルトを直ぐに使用して、出産前の体になるべく近づけて行くことが大切です。

骨盤ベルトをしていると骨盤の歪みもとってくれるので、普段から身に着けるようにしましょう。
病院で出産する際の入院準備品の中に入れておき、必ず持っていくようにします。

初めての出産ではベルトをしなかったという人も、二人目の時にはベルトを持参して産後を快適に生活できる様にしている方も多くいます。
まずは無事に出産ができれば何もいうことはありませんが、赤ちゃんを育てるには、何よりもお母さんが元気であることがいちばんです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:骨盤

このページの先頭へ