出産後骨盤矯正の正しいやり方

出産後の骨盤の状態は、赤ちゃんを体の外へ出すために緩んだ状態となっています。
その後、出産を終えると、徐々に骨盤は元の状態へと戻そうとする力が働きます。
このような時に無理な運動をしたりすると、骨盤が歪んでしまいます。

そうなると、腰痛や冷え性などのトラブルを起こしたりして、取り返しがつかないことになる場合もあります。
そして、さまざまな体調不良が体を襲ってきます。
そこで、産後の骨盤周りの筋肉が緩んでいる状態の時に、骨盤矯正をすることはとても大事なことです。

出産後骨盤矯正の正しいやり方とは、まず緩んだ骨盤を正しい位置に戻すことが重要で、適度な力で締め付ける必要があります。
サイズの合ったリフォームインナーなどで骨盤の下半分をしっかり絞め、おへそから上は締め付けないことが重要です。

コツとしては、腰骨のあたりは強く締め付けず、その下の緩んでる部分をある程度強く締め付けます。
また、強く締め付けすぎないことが重要です。

無理に締め付けすぎるとリラックスできず、十分な睡眠が得られず、産後の回復が遅れてしまいます。
それから、骨盤矯正や骨盤ベルトなどで骨盤を正しい位置に戻しただけでは一時的なことに過ぎず、また、骨盤が歪んできますので、骨盤まわりの筋肉を鍛えることが重要です。

それには、骨盤ベルトなどを巻いた状態で腰や股関節まわりを動かし、少しずつ骨盤の筋肉をつけてバランスを整えます。
自分に合ったペースで続けていくことが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:骨盤

このページの先頭へ