骨盤産後体操でスリム体型になる

骨盤は下が狭くなっていて、上が広がっているチューリップのような形をしています。
骨盤の出口は10cmほどしかないので、そのままでは胎児は通ることができません。
妊娠初期からリラキシンというホルモンが分泌して、骨盤やじん帯を緩めることを始めます。

妊娠初期と後期に特に多く分泌され、その作用によって出産時に骨盤が開いて、胎児が産道を無事通過できるのです。
出産直後は骨盤は最大に開き、グラグラの状態で、10か月かけての伸びたお腹の筋肉や皮膚はすぐには元に戻ってくれません。

産後お尻が大きくなった、お腹がポッコリ出てきた、腰痛や尿漏れ、痔になったなどの症状も続くことがあります。
これは、骨盤が開いているために起こるもので、なかなか改善されません。

骨盤産後体操で骨盤を矯正して、スリムな体型を取り戻しましょう。
骨盤を矯正するためには、産後すぐから骨盤ケアを始める必要があります。
分娩台の上で、産後すぐお尻を高くして骨盤を固定します。

恥骨の周囲をさらしやベルトで絞めて固定してから歩行を開始してください。
逆に、おへそ周りは骨盤がチューリップ型に開くように、締めないようにします。
先に骨盤の下側を締めて元に戻して、内臓などや筋肉を正しい位置に戻しましょう。

産後2カ月は骨盤は動きやすく、負担をかけると歪みやすいので安静にして、2か月を過ぎてから骨盤矯正を始めます。
骨盤産後体操には、骨盤を左右に回す体操、上半身を前後に倒す体操、骨盤を押し込む体操、仙骨を鍛える体操などがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:骨盤

このページの先頭へ