骨盤まわしを行うことによって、骨盤を矯正し正しい位置に戻して内蔵の働きを活性化できます

腰をまわすだけの超簡単ダイエット法の骨盤まわしをご紹介します。
骨盤が歪んでしまうと、内臓の位置が下がってしまい、内臓の機能が衰えます。
その影響で代謝がダウンして脂肪が燃えにくくなってしまうので、痩せにくく、太りやすい体になってしまいます。

それだけではなく、冷え性、むくみ、便秘などの不調も現れてきます。
そこで、骨盤まわしをすることにより、骨盤を矯正し正しい位置に戻して内臓の働きを活性化させるのです。
やり方は非常に簡単ですので今日から是非、チャレンジしてみてください。

まずは、足を肩幅くらいに開き、手は腰に当てます。
その状態で、腰をゆっくり左右に10回揺らします。
今度は軽くお尻を締め、腰を前後に10回揺らしますが、この時上半身が動かないように注意してください。

次に、足は肩幅、手は腰の状態で、おへそに力をいれ腰をゆっくり回していきます。
息は止めないで、あまり力は入れ過ぎず、左右それぞれ10回回します。
最後に、足は肩幅、手はおへその状態で、重心をゆっくり右へ、右の脇腹を縮めます。

一旦腰を下ろし、重心を右から左へ移し、左の脇腹を縮めます。
この動きを10往復行います。
血行が良くなりますので、生理痛の改善にも効果が期待できます。

しっかり骨盤と脇腹を意識して行うことが大切ですが、食後1時間は避けてください。
それほど時間もかからず、手軽にできますので毎日続けやすい体操です。
骨盤の歪みを治して代謝をアップさせ、一生太らない体にしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:骨盤

このページの先頭へ