骨盤筋を意識して鍛えることでダイエット効果もあると言われています

骨盤筋が弱くなると、女性の場合は特に尿漏れが起きやすくなります。
男性の尿道は長くて細くS字状になっているのに対し、女性の尿道はまっすぐで太くて短いため、特に尿漏れを起こしやすいのです。

また、出産により、尿の排出をコントロールしているこれらの筋肉が伸びてしまうことも尿漏れの原因の1つとされています。
普段はあまり意識することのない筋肉ですが、骨盤底筋を意識して鍛えることで尿漏れを防いだり、姿勢が改善されることでダイエット効果もあると言われています。

方法としては、おしっこをしている時に、途中で意識的に止めてみるということがあります。
また、意識を集中させて肛門から尿道に当たるこの部分を締めたり緩めたりする方法もあります。

歩く時に膝下で歩くのではなく、腰から歩くことを意識することも骨盤底筋を鍛えるのに効果があるそうです。
正座した状態からお尻をずらすエクササイズも、この筋肉を鍛える効果があります。

正座した状態からお尻を少し浮かし気味にして、膝は床に着けたまま片方のお尻をずらして床に着かせます。
今度は逆側にずらして反対側のお尻を反対側の床に着けるというエクササイズです。

こうしたエクササイズで、普段意識することのない筋肉を意識するのは、初めのうちはなかなか難しいものですが、やっているうちに感覚が掴めるようになっていきます。
初めは形だけになっても、色々と試してみて自分で感覚がわかるようになるエクササイズからやり方を学んでいくようにするのが良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:骨盤

このページの先頭へ