骨盤ウォーカーベルトで姿勢を正しく

骨盤ウォーカーベルトは、テレビ番組や雑誌などのメディアに取り上げられてから大ヒットしています。

このベルトをすることで、反り腰や左右に歪んでいることの多い骨盤を矯正し、ウエスト周りがスリムになったり、下半身がスッキリしたり、ぽっこりお腹や出っ尻、また、姿勢の悪さを解消したりと、内部の矯正は勿論、見た目も劇的に変えてくれます。

気がつくとスカートが回っている、お尻が出ている、脚を組む癖がある、姿勢が悪い、O脚である、靴底が片減りする、下腹がぽっこり出ている、バックをかける肩が決まっている、仰向けで寝るとお尻が当たって痛い、そんな方に最適です。

このベルトには、3つのポイントがあります。
まず1つ目は上のベルトで、この上のベルトで腸骨を押し込みウエストのサイズダウンをします。

ここが広がっていると内蔵が下がってお腹に肉がつく原因になるそうです。
そして2つ目は仙骨パッドで、様々な骨盤矯正用のベルトが発売されていますが、この骨盤ウォーカーベルトが他とは違う点は、仙骨パッドがついていることです。
骨盤のズレの第一の原因は、仙骨と腸骨の間にある仙腸関節という骨のズレです。

骨盤を包み込むようにしっかり全体を支えるベルトの他に、姿勢を整え仙骨を支える仙骨パッドが装着されているので、これにより傾いた仙骨を正しい位置に戻してくれます。
つけた瞬間、自然と背筋が伸び、お尻や腰を自然と誰かに支えてもらっている感覚で楽に歩けるようになるのです。

最後に、3つ目は下のベルトで、これで大転子を押し込みヒップのサイズダウンをします。
ここの骨が出ていると、角張った大きなお尻になる可能性があるのです。
このベルトを利用した、無理なく綺麗に痩せたモニターさんから、成果の報告や感想が寄せられています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:骨盤

このページの先頭へ