骨盤の歪みを直すストレッチ

骨盤がゆがんでいたりすると、さまざまな症状が出て身体にとても悪いことだらけです。
骨盤を矯正するために、どのようなことをすれば良いのかというと、やはり一番良いのはストレッチです。
日頃使っていないほうの足を鍛える運動です。

座った状態で腰の幅に足を開いてまっすぐに伸ばし、両腕は身体にやや後ろにつきます。
足の指でグー、チョキ、パーを2,3分間行います。
これだけでもかなり効いた感じが実感できるはずです。

人間には利き手があり、無意識のうちに片方だけを使ってしまいがちです。
これが身体の歪みにつながる原因でもあります。
意識的に運動をするときには、使っていないほうの足や手を使うことで、ゆがみが取れたりします。

また、骨盤のなかにある仙骨を鍛えることも大切です。
仙骨は女性ホルモンと深くかかわっている骨なので、歪みを矯正することで、整理痛、生理不順、不妊、肌あれなどの症状が改善されていきます。
仙骨を鍛える体操は、まずはうつぶせに寝て、両手は前に出して肘は90度に立てます。

足のひざを90度にまげて立たせ、左右にゆっくり振ります。
このときは呼吸も合わせることも大切です。
息を吐いて右へ、息を吸いながら真ん中へ。
息を吐いて左へ、息を吸いながら真ん中の位置へ戻す、これを繰り返します。

しかし、いずれの体操も無理は禁物ですし、腰痛がある人も要注意です。
体操を1回行ったからといって、すぐに、歪みが矯正されるわけではありません。
毎日少しずつでも繰り返すことが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:骨盤

このページの先頭へ