小児肥満は年々増加傾向にあり、原因を知って治療をする必要があります

肥満の基準は、日本では世界各国と比べると厳しい設定になっていますが、近年子供の肥満が増加傾向にあります。
30年前と比較すると2倍から3倍にまで増えており、各年齢の子供の5%から12%は肥満と言われています。

男の子は11歳、女の子は12歳に肥満のピークが認められていて、その大きな原因はコンビニエンスストアやファストフード店の普及により、いつでもどこでも手軽に食事を買ったり食べたりすることができる様になったことが挙げられます。

ほかにも、外で遊ぶことが減少して家の中でゲーム中心の生活をする子供も増えており、また歩く機会が減少していることや、食事のリズムが不規則になっていることも大きな原因とされています。

肥満になったからといって病気がすぐに発症するわけではありませんが、大人と同様に糖尿病や高脂血症、高血圧などを合併しやすくなり、ひどくなると動脈硬化や心筋梗塞が起こりやすい状態となってしまいます。

また、小児肥満の場合は成長に影響することもあり、関節障害や月経異常、肥満による不登校やいじめなども大きな問題になり、思春期や成人になっても肥満が続くことも多く、成人病予備軍として病気の可能性を持ったまま成長することがあります。将来のメタボリック発症を防ぐためにも治療が必要となりますので、まずは生活リズムの改善が第一です。

早寝早起きと朝昼晩の3食をきちんと食べること、特に朝ごはんはしっかり食べることが大切で、食事療法を取り入れて栄養管理士の指示のもとよく噛んで食べる習慣などの指導を受けると良いでしょう。家族みんなでできる運動の指導を行う病院もありますが、治療には家族の協力は重要なので、こうした方法も検討しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ