肥満防止のポイントは基礎代謝を維持することで、自分のできることや持続できる運動を日常生活に取り入れましょう

メタボリックシンドロームやコレステロールなどの言葉を耳にすることがよくありますが、これらの大きな原因は肥満です。
肥満防止のポイントは、基礎代謝の維持をすることが最も重要になってきます。
加齢と共に中高年になると太りやすくなる原因は、基礎代謝の低下も原因の一つです。

若い時は摂取エネルギー量が多くても基礎代謝も高いため、食べたものはもちろん、脂肪もしっかりと消費していましたが、年齢を重ねていくとまず筋肉量が減少して基礎代謝が低くなっていき、食べたものがきちんと消費されなくなってしまいます。
すると、体内には脂肪という形で蓄積されてしまうのです。

若い時と体重が変わっていないという人でも、筋肉量が減った分、脂肪が増えている可能性があるので、体重だけでは判断が難しく、身体は細身でも内臓脂肪が増えているということもあります。若い時と同じように食事や飲酒を続けていると、お腹が出てくるのは当たり前の症状です。

わかりやすい例ですと、プロスポーツ選手が引退をすると太りやすいのは、急に筋肉が減るのに食事の量が変わらないからと考えられます。
肥満防止として太りにくい体をつくることが大切で、年齢を重ねるごとに低下する筋肉量を維持し、増やすことで基礎代謝をアップすることが効果的なのです。

筋力トレーニングは、きちんと実践すれば何歳であっても筋肉を大きくすることができますが、運動をしなければ筋肉はどんどん小さく細くなります。
だからといって無理な運動をするのではなく、スクワットを1日10回、もも上げをゆっくりと行うなど、自分のできること、持続できる運動を日常生活に取り入れましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ