犬の肥満は飼い主に原因があり、ボディーコンディションスコアで判定します

最近、メタボリックやコレステロールといった言葉をよく耳にします。
人間は健康維持のために様々な努力をしますが、犬の肥満も増えてきています。
その主な原因は飼い主にあり、飼い犬は人間に管理されているので自分の意志で好き勝手に食べる事ができません。

適量であれば太るということはあり得ないのですが、かわいいからとおやつをたくさん与えたり、美味しそうに食べてくれるからといって人間の食べ物をどんどん与えたりと、この位は大丈夫という飼い主の安易な考えで色々なものを食べさせたりすることが積み重なって太ってしまうのです。

また、去勢をするとホルモンバランスが崩れて太ると言われていますが、代謝に見合ったフードや十分な運動によって防ぐことができます。

中にはフードを盗み食いしてしまうというケースもありますが、これは飼い主の配慮によって防ぐことが可能なので、犬のせいではありません。
太っているか痩せているかは、体重測定のほかにボディーコンディションスコアという判定方法があります。

外見と触った時の感触により5段階で判定する方法で、チェックポイントは肋骨と背骨、腰骨で、適度な皮下脂肪に覆われていて背骨も肋骨も容易に触れられる状態で筋肉もよく発達し、弾力があり毛つやが良い状態が標準で、理想体重の10%から15%を超えてしまうと肥満と判断されます。

中型や大型になればなるほどかなりの運動量が必要になります。
十分な運動ができていないと消費されないまま栄養が蓄積してしまいますので、運動不足にならないように気を付けましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ