千葉県の肥満外来がある病院

肥満外来とは、太ってしまう原因を検査や聞き取りによって解明し、治療して肥満を解消するという病院の診療科目です。

今まで数々のダイエットにチャレンジして失敗を繰り返してきた人や、成功してもリバウンドしてしまう人、肥満に加えて高血糖や高血圧、高脂血症の診断がされている人、そして、肥満が原因のいびきや睡眠時無呼吸症候群に悩んでいる人などは受診してみると良いでしょう。

状態の把握後は投薬の有無の判断がされる他、栄養士からの食事指導や運動療法など、多方面から原因を突き止めて改善していくので成功率が高く、更にリバウンドの心配がないのが最大の魅力です。

千葉には肥満を取り扱っている大きな病院があり、一つは井上記念病院で、肥満に付随するあらゆる病気の治療と原因究明に当たり、必要に応じて最新機器を用いて対処します。外来では内臓脂肪CT、運動負荷試験、動脈硬化指数、骨密度などの計測があり、患者自身でも毎日体重や血圧、そして食事や運動の記録が義務付けられ、それを基に生活習慣の改善を行います。

千葉大学医学部付属病院の肥満外来では、肥満が全身に影響を及ぼし、適切な治療を長期的に行う必要があることから、他の診療科や他の病院の医師と連携して全身をあらゆる方向から調べての治療を心掛けています。

肥満は、少しくらいなら自己流のダイエットでも何とかなるものの、次第に自分の力では痩せることができなくなってしまう傾向があります。病院で診察を受けた場合、気休めではなく体の内部から変える治療を行ってくれるだけでなく、生活する上で何が悪かったのかがはっきりと分かるので人生が変わっていくでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ