東京には肥満外来が受診できる病院があります

日本の中心都市東京には、ダイエット外来といわれる専門的な病院が多数あり、国内で見ても東京には優秀な病院が存在していますが、小児肥満に対応している病院も数多くあります。

肥満とは、体重や体脂肪が過剰に蓄積している事を指すもので、体重は体重計で簡単に測定でき、体脂肪はここ数年の間に体脂肪計が一般的になってきており、手軽に測定が可能になりました。

利用する患者はメタボリックといわれる人が多く、生活習慣が不規則だったり、食事が偏っている事などが原因で病気にかかっていたり、また、病気になる可能性がある人が訪れます。

ダイエット外来とも言われていますが、病院に行ったからといって薬ですぐ痩せる訳ではなく、患者の身体を入念に検査して、その人に適した治療方法を行ないアドバイスをしてくれるので、治療を受けるにあたって勘違いをしない様に気をつけましょう。

ブックスホリスティッククリニック東京ではダイエット外来を併設していて、高血圧や糖尿病、メタボなどの人を対象としています。ここでは、ブックスダイエットという日々のストレスが脳の疲労によって心身の働きが乱れる為、ダイエットをする事がストレスにならない様にと考案された方法を用いて、食事の摂り方などの提案を行っています。

また、最近では小児の肥満も増えており、高血圧や糖尿病などを発症している子供が増えています。東京都立広尾病院には、小児科で小児生活習慣病やメタボリックに関する治療を行っています。自分に適した治療が見つけられるので、悩んでいる人は一度、受診してみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ