名古屋には肥満外来を開設している病院があります

肥満外来とは、病院で専門医に診てもらい肥満の治療を行う外来のことで、太ってしまう原因を突き止めて、それぞれに合った治療を行い改善していきます。

肥満症の為に高血圧や高血糖、高脂血症などの病気を患っている人が、肥満を改善して健康的に日々を送る為、またはダイエットで失敗を繰り返す人や自己流で減量してもリバウンドしてしまうなど美容的、審美的肥満を気にする人などを治療します。

名古屋にもこの診療科の病院があり、名古屋市内の地下鉄栄駅から徒歩1分の所にあるスカイル内科スカイル健康管理センターは、医学的根拠に基づいた8つの肥満対策によって継続的に患者を治療してサポートしてくれます。

ホルモンの分泌量が内臓脂肪に関わる為その分泌量を調べたり、循環器の診察で冠動脈の疾患がないかを検査したり、また、消化器系の診療では、肥満の人は食道、膵臓、肝臓、胃、大腸のガンの発症リスクが高まる為検査を行います。

さらに、腎臓で老廃物などが原因で肝機能が低下してないかを検査し、東洋医学による診断で受診者の体力や体質に応じて漢方を処方します。そして、栄養の管理と運動療法でカロリー計算したり、その人に合った適切な運動を指導し、バイオマーカーという個別肥満情報を管理して、患者にどのようなリスクが起こり得るかを伝えます。

また、肥満症によって睡眠時の無呼吸症候群を患う方も多く、受診者が増えています。
このように、原因を医学的に追及して患者に合った治療を行なってくれるので、自身の為にも肥満外来を一度受診して、適切な治療法を見つけるのも健康維持の一つの方法です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ