インスリンの分泌の速度を押さえて肥満を解消しましょう

ダイエットを成功させることは、思っている以上に難しいものです。
カロリー制限であれば、初めのうちは続けられたとしても次第にストレスが溜まってカロリーの高いものを欲するようになってしまう可能性が高くなりますし、運動も、毎日になると簡単なことでも億劫になるのが人間です。

ですから、ダイエットというのは成功が人によっては大変難しくなります。
そんな中で、比較的続けやすい方法としてお勧めなのがインスリンの分泌を抑制することで痩せさせる方法です。
なぜ、抑制させるのがダイエットに効果的なのかというと、このインスリンは肥満ホルモンとも呼ばれているもので、血糖値を下げる働きをしてくれるものです。

私たちが食事として摂取するもの、特に炭水化物は体内でブドウ糖に分解されて、腸から肝臓、心臓へと全身に運ばれてエネルギーに変わります。
ブドウ糖が体内で増加すると、膵臓からインスリンが大量に出てブドウ糖を筋肉細胞や肝細胞に運んでくれます。

そうして血糖値が下がるのですが、ブドウ糖の量が必要以上に多いと、余ったブドウ糖を必要な時のために体に脂肪として蓄えようとし、そして中性脂肪が増えて肥満の原因となるのです。

ですから、この肥満ホルモンを大量に分泌させなければ、ダイエットが成功する可能性が高くなります。
このホルモンが大量に分泌されるのは、主に炭水化物を摂取した時です。

ですから、食事の時の炭水化物の量を減らしたり、消化吸収を遅らせてこのホルモンの分泌速度を下げることがダイエット成功のポイントと言えます。
それさえ成功できれば、無理な食事制限はいらないのでダイエットが成功しやすくなります。

注意点としては、炭水化物を全く摂らない方法は避けましょう。
炭水化物を摂取しないと、基礎代謝が下がってしまうので逆効果となるからです。
炭水化物も血糖値が上がりにくいものを選んで、量を制限して摂取は続けることが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ