肥満体型は家系に関係有り

肥満体型は、一般的に見ても家系に大きな関係があります。
両親が太っているとその子供も肥満になりやすい傾向にあるのは、1つにはその家系の食事が大きく関係しているからです。

食が細い子供やよく食べる子供など、その子のタイプにもよりますが、生まれてからその家で出される食事を食べて育つ子供が一般的ですから、脂っこい食事のメニューが多い家庭では、自然とカロリーオーバーになってしまいます。

子供の頃から肥満傾向にある場合、大人になっても肥満になりやすいのは、子供の頃から脂肪細胞が増え、それは大人になっても増えたままだからです。
脂肪細胞のサイズが肥大化しているので、これを小さくすることで痩せやすくなりますが、子供の頃の肥満は要注意だと言えます。

和食がメニューに多く並ぶ家庭なら、子供の頃から肥満になりにくい環境にあります。
大人になれば自分で食べるものを選びますが、子供の頃は親が作った食事を食べることになるので、大きな影響があるのです。

その家系が肥満傾向にあるなら、食事の内容が大きく影響しています。
脂肪細胞の数が少ないほど肥満になりにくいことになりますが、数は減らせなくても、脂肪細胞のサイズを小さくすることでダイエットに成功することができます。

このようなことを考えると、子供の頃の食事の習慣は大切だということが分かります。
油ものや肉類が多く並ぶ家系は肥満になりやすいので、日々の食事がいかに大切なのか理解できます。
一度増えた脂肪細胞の数は減らせないので、数を増やさないことが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ