肥満女子にも優しい現代

思春期を過ぎたあたりから、自分の体型に自信が持てなくなる人は多くいます。
特に女性に多いですが、痩せすぎや太り過ぎ、足が太い、胸が小さいなど個人個人のコンプレックスは挙げれば切りがなく、それにいかに向き合って行くのかも個人の問題です。

時に精神的に病むほど悩んでしまう人もいますが、大半は現実との折り合いをつけて、無難に生きて行きます。
つまり、肥満女子であるという認識のもと、ダイエットに励むか、そのままで他の魅力を引き出そうと努力するかは本人次第だということです。

どちらにせよ、健康を害さない程度のぽっちゃりは世間的にも許容されているものでありますし、人は他人をそれほど見てはいなかったり、気にしてもいません。

最近では、ぽっちゃり系モデルを起用した雑誌が流行していたりして、痩せていることがイコール美しく素晴らしいことだ、というこれまでの価値観は常識とは言えなくなっています。

しかし、本来の意味での肥満は医学的な用語であり、肥満度を数値化したBMIなどでの判定により、健康を維持できないレベルの肥満であるかどうかは確認しておく必要があります。
過度の肥満は血中のコレステロールや白血球の数にも影響を及ぼしますし、心臓や膝への負担も大きくなります。

決してダイエットを推奨するわけではありませんが、自分の健康状態をきちんと省みて、自分なりの美しさを追求していくことが、現代を生きていく女性に必要な度量であると言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ