肥満を解消できる加圧トレーニングとは

近年、生活習慣や食生活が乱れることにより、太りすぎて肥満になる人の割合が増えてきています。
肥満になると体にさまざまな弊害が出てくるため、血圧が高くなり動脈硬化が起こり脳疾患や心疾患などの病気を引き起こしてしまいます。

しかし逆を言えば肥満を解消すれば、これらの病気を引き起こすことを防ぐことができます。
さまざまなダイエット法がありますが最近、巷で話題となっているものに加圧トレーニングというものがあります。

加圧トレーニングとは、専用のベルトを腕や足の付け根部分にセットし圧力を加えて血流量を制限してトレーニングを行っていくものです。
血流量を制限するだけで止めるわけではありませんし、個人個人に合わせて圧力が調整されるのでトレーニングをしても体には害を与えないとされています。

なぜ圧力をかけて血流量を制限することで痩せることで良い効果がもたらさせるかといいますと、筋肉から成長ホルモンがより多く分泌されるためです。
通常の状態で成長ホルモンをより多く分泌させようとすると、重いダンベルを持つなどして負荷をかけてハードなトレーニングをする必要があります。

しかし加圧することにより高い負荷をかけた状態では、それ以上に成長ホルモンが分泌されるようになり、短時間でしかもそれほど負荷をかけなくても効果を得ていけるようになります。

重いものを持たなくてもできるので女性でも高齢の方でもできますし、筋肉を傷めることなく続けていくことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ