貧血と肥満の関係性について

肥満と貧血は実は関係性が様々な部分で多くみられます。
何故なら肥満の人の場合、通常の体型の人に比べ多くの酸素を体内に取り込むことが必要です。

その為には血液を通常の人よりも多く作る必要があり、その結果貧血に陥っていしまうというタイプがいます。
但し、大体の肥満の方の場合は上記のような状態になるよりも、通常の人よりも貧血になりづらいと言うケースが多くあります。

そして、もう一つ関係して注意しないといけない点が存在します。
それはダイエットに関係してきます。

ダイエットには一般的に食事生活の矯正と運動の2種類がありますが、特に食生活の矯正を行う際に過度な食事制限や栄養過多になる1種類だけの食べ物を摂取するなどの、偏りやすいダイエット方法が非常に多くあり、それが結果として血液の生成を減少させる原因になる場合がよく見られます。

特に女性の場合は生理がありますので、食事制限などを行う場合は栄養のバランスが摂れているかなどの、徹底的な栄養管理を重点に置く必要があります。

単に血液が足らなくなるだけではなく、血液はダイエットにも欠かせないものなのです。
血液量が多ければそれだけ速く不純物を排出することができますし、体温の熱も伝わり易くなる為、脂肪の燃焼にも重要な役割を担っています。

その為、特に女性の食生活の環境改善等の場合は独自に判断して行うよりも、専門機関に相談することをお勧めします。
それくらいにこの2つは一見すると関係が無いようにみえますが、実は様々な面で関係していると言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ