健康の為ハムスターの肥満対策してみてください

ペットとして犬や猫に続き大人気の動物ハムスターはよく飼われています。
ゴールデンやロボロフスキー等色々な種類がいますが、最もポピュラーなジャンガリアンという種類は、ゴールデンより体が小さく肥満になりやすいです。
特にジャンガリアンの中でも、パールホワイトという種類は太りやすいとよく言われます。

過度な肥満は私たちと同じように健康に害があるので、回し車やチューブなどの付属品を買いそろえ、運動させましょう。
特に小さすぎて体が入らなさそうな回し車はすぐに取替えてください。
そのままではいつまでも運動しません。

たまにケージの外で遊ばせるのも良いですが、電化製品等周りに気をつけましょう。
彼らはげっ歯類なので、コードを齧る事が好きです。
齧られて使えなくなってしまったという事にならない様、確認したほうが良いですし、種類によっては感電の危険もあります。

そして、ひまわりのタネや木の実のおやつはほどほどにしておきましょう。
木の実類は脂質が豊富なので、太りやすい原因になります。

餌は専用フードを主食に、副菜はブロッコリーのような野菜にしておくと良いです。
野菜は食べさせてはいけない野菜もあるので、あらかじめ調べておくと安心です。
定期的にはかりで体重を計るのも良いでしょう。

いつも頬袋に餌を溜め込んでいることが多いので、無くなっている事を見計らいながら計ると、正確に計れます。
ハムスターは寿命は短い動物です。
日々の健康管理がハムスターの長生きの秘訣となるので、大切に最期まで飼ってください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ