肥満のメカニズムについて

一般的に肥満とは太っている状態を指します。
しかし医学的な見解では単に体重が多いだけではなく、脂肪の割合が基準値よりも多い状態を指します。

基準値は年齢や身長などによって違いがあるので、自身の体脂肪率を調べる際には注意します。
肥満のメカニズムは口にした脂肪分がそのまま蓄積されるのではなく、体内に取り込んだ栄養素が一度分解された後に再び合成される事で脂肪分として蓄積されるのです。

食物に含まれる様々な栄養素は、人体の生命活動の維持のために消費されます。
しかし、消費量よりも摂取量が上回ると体内に取り込まれた栄養素が余ってしまいます。
余った栄養素は分解と合成を何度も繰り返し、最終的には脂肪となって体のいたる所に蓄積されます。

一度付着した脂肪は取り除くのは難しいため、日頃から運動を行うことで栄養を消費することが大切だと言えます。
また、過度の絶食により体が飢餓感を覚えると、取り込んだ栄養素を脂肪に変えて蓄積しようとします。

体重を減らすための行為が生命維持のメカニズムによって、却って肥満を誘発してしまう事もあります。
脂肪分は人体の維持に欠かせない栄養素のひとつであるため、闇雲に除去するのではなく、健康を維持できる割合を保つようにすることが大切です。

人体と健康の維持のメカニズムに関する正しい知識を身につけることで、体に負担をかけない健康的なダイエットが可能になります。
快適な日常生活を営むために、体と心の健康を保つように努める事が重要なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ