肥満は腰への負担が大きくなる為腰痛になる人も多くいます

肥満に悩む人は多くいます。
これには食生活や生活習慣などいろんな要因が考えられます。
年齢とともに基礎代謝が落ちるため、若い時と同じ食生活でも体重が増加してしまいます。
そして肥満になると体にいろんな影響がでてきて、特に腰への負担は大きくなります。

日常生活の中での立ったり座ったりなどの、簡単な動作でもかなりの負担がかかります。
実際に、肥満が原因で腰痛になる人も多くいます。
腰にかかる体の重みを軽減することが大切です。
腰痛は慢性化したり酷くなると、日常生活に支障をきたす場合もあります。

腰痛を悪化させないためにもダイエットや、生活習慣の改善などに取り組むことが必要です。
食事の改善や適度な運動で、健康的な体型の維持を心がけることが大切です。
なお、正しい姿勢で生活することで、腰への負担は軽減できます。

歩く時や椅子に座る時・物を持つ時などに注意するだけでも予防することができます。
また長時間同じ姿勢でいると、筋肉が疲労し血行が悪くなります。

仕事などで長時間同じ姿勢を強いられる人は、筋肉をほぐし血行を良くすることが必要ですから、お風呂などでケアすることが大切です。
これらの日常生活の動作や、姿勢の改善は予防にも繋がります。

腰痛の治療法には、傷みを和らげる消炎鎮痛剤や、筋肉をほぐすための筋弛緩剤・血流改善剤・総合ビタミン剤・ステロイド剤などの薬物療法があります。
また温熱療法や電気療法・索引療法などの理学療法や、コルセットなどの装具療法・マッサージなどがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ