喫煙をすると肥満になる可能性が高まります

一見すると肥満と喫煙には何ら関連性が無いように思えますが、実は関係している所があります。
それは基礎代謝の部分です。
喫煙をした場合に血中へ様々な有害物質が流れ込んできます。

その流れ込んできた有害な物質が体の新陳代謝を低下させる要因になります。
新陳代謝が下がると当然肥満になりやすく、また解消しづらくもなってしまいます。
それだけではなく、ニコチンが体温を低下させてしまう為、基礎体温の低下から体脂肪の燃焼を阻害してしまう状態になります。

また喫煙の習慣が強いと味覚に対する鈍麻があります。
その為、味付けの濃い物や油分の多い物を自然に摂取してしまう為、肥満になる環境を作り易くしてしまうケースも見られます。

逆に、禁煙した際にも口にタバコを咥えてきた癖があるので、口さみしいという理由で何かを摂取してしまったり、禁煙に対するストレスの解消の為に暴飲暴食を繰り返してしまう場合があります。

前者は食べ物ではなくガムなどの比較的カロリーが無い物を代用することで解消できますし、後者に関してはストレスを別の方法で解消することで解決ができます。
また、脂肪が溜まった状態でタバコを吸い続けると、通常の状態よりも健康に対しての悪影響が相乗効果的になってきます。

それだけタバコとの関連性は強く、大きくあるわけです。
その為、タバコを吸う習慣にある方のダイエットについてはなるべく医療機関などの専門機関の指導を受けながら、脂肪の解消を行っていく必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ