かくれ肥満には皮下脂肪型タイプと内臓脂肪型の二つのタイプがあります

かくれ肥満という言葉は、最近自宅で気軽に体脂肪や内臓レベル、BMIなどが計れるようになった体重計などが増えてからよく聞くようになった気がします。
まずかくれ肥満とは見た目は普通、むしろ痩せている方なのに体脂肪率が高い事を言います。

じつは体重が多い肥満タイプよりも、体脂肪率が多い肥満のタイプの方が本当の肥満と言えるのです。
体型が痩せているからといって放っておいてしまうと、体型がくずれはじめた時には修復が難しかったり、様々な病気へとつながってしまうので正確に自分の事を把握しておくことが大事です。

まずかくれ肥満は一つではありません。
二つのタイプがあるのです。

まず一つ目は皮下脂肪型タイプで、女性に非常に多いタイプです。
これは皮膚の下に蓄積していく脂肪の事でお尻や太もも、二の腕など年をとっていくにつれて誰もが感じてしまう脂肪です。
年齢が増すとともに増加していく傾向にあり、理想のスタイルを維持できなくなる脂肪の一つです。

二つ目のタイプは内臓脂肪型で、肝臓などの内蔵に蓄積していく脂肪の事です。
これは本当に外見からはわかりにくいのですが、本人はウエストが太くなったと感じたり、ぽっこりお腹が最近気になる人は内臓脂肪型かもしれません。

皮下脂肪型よりも内臓脂肪型の方が動脈硬化や高血圧、糖尿などの病気を引き起こすおそれがある為、日頃から自分の体重管理や維持などの為の適度な運動が必要になると思います。
自分がどちらのタイプか知っておくのも大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ