乳児期の肥満の多くは遺伝的な原因によるものです

乳児期の子供は大人のようにすらっとした体型ではなく、少しぽっちゃりとした体型をしているので肥満ではないかと疑うことがあります。
とくに6か月から7か月頃は体脂肪の蓄積率が一番多くなりますので、太りすぎではと心配になります。

またこのころには離乳食をはじまるために、ミルクや母乳の量を減らして太りすぎを解消しようとしますが、1歳頃になり歩きはじめて活発になることには体型も落ち着いてきます。

このころの肥満の原因は食べ過ぎや飲みすぎで起こるようなものではなく、多くは遺伝的な原因によるものです。
ですから勝手な自己判断で太りすぎと考えるのではなく、定期的に身長と体重を計るようにして判断します。

母子手帳には成長曲線というものが記載されています。
その成長曲線と現在の身長と体重を比較し、成長曲線に沿った成長であれば特に心配することもありません。
成長曲線よりも体重が大きいようであれば自己判断で解決するよりは医師や助産師などの意見を聞いておくほうが良いです。

多くの場合は、成長とともに運動で解消していくようにという指導がなされることになります。
また、離乳食は薄味で和食中心のものとすることで、肥満や太りすぎを予防することに繋がります。
離乳食初期の段階から濃い味は避けるようにしましょう。

それから母乳よりもミルクのほうが高たんぱくで太りやすくなるので、赤ちゃんが満腹になったサインを見落とさずに、与えすぎには注意するようにしたほうが良いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ