肥満手術は重度の肥満で悩んでいる人に最適です

洋食やファーストフードなどの欧米化の食事が増え、肥満体型になる人も多くいます。
肥満は見ためだけでなく健康にも影響を及ぼします。
日本食は低カロリーで高タンパクなものが多く、ダイエットには最適です。

外国でも日本食を提供するレストランなどが多くあり、ヘルシー思考の人達に人気がありますし、長寿大国の日本の食文化が世界でも見直されています。
肥満には様々なダイエット法があります。

自分に合うダイエット法で成功し、スリムな体型に変身する人もいる一方で、いろいろなダイエットにチャレンジしても成功しない人もいます。
さらにリバウンドを繰り返し更に肥満が悪化してしてしまうケースもあります。

重度の肥満の場合には、身体の様々な臓器に影響を及ぼし病気を併発する恐れもあります。
肥満手術で改善する方法もあります。
重度の肥満で悩んでいる人には、健康な身体を取り戻すために肥満手術が最適です。

手術には、胃バイパス手術や胃バンディング手術・腹腔鏡下袖状胃切除術・十二指腸スイッチ手術・腹腔鏡下スリーブバイパス手術・胃内バルーン挿入法などがあります。
バイパス手術では、胃を20~30ccの小袋に分けます。
肥満度に応じて小腸の長さを変えて栄養吸収の程度を調節します。

小袋を作ることで、食事摂取量を制限でき少量でも満腹感が得られるようになります。
アメリカでは、多く行われている肥満手術です。
胃バンディング手術では、胃の上の方にバンドをまいて締め付け胃を二つの部分に分けます。

二つに分けた胃の上方の小さい部分が満たされると満腹感を覚えます。
バンドの締め付け方を調整できる器具を、腹壁内に埋め込むタイプのものもあります。
生活習慣の改善が基本ですが、深刻な肥満の場合は様々な方法を検討しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ