身長と体重から肥満度を計算することができます

肥満度は、体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))によって計算した数値によって計る事かできます。
この肥満度の計算はBMI数値と呼ばれており、数値が25以上の場合は肥満とされます。

肥満は数値によって4段階に分けられており、25~30までが肥満一度、30~35までが肥満二度、35~40までが肥満三度、40以上が肥満四度とされています。
標準は18.5~25で、18.5以下は痩せすぎとされています。

数値が22の時が、高血圧や肝疾患、耐糖能障害の有病率が最も低くなる理想の数値であることがわかっています。

肥満の度数があがるにつれ、糖尿病、高血圧、痛風、脂肪肝など、様々な健康障害を引き起こすリスクも上がっていきます。
これらのリスクを少なくするために、減量をしてBMI数値を低層の数値まで近づけなければなりません。

また、理想体重は22×身長(m)×身長(m)で計算することができるので、どれぐらい痩せれば良いかの目安にすることができます。
また、体重が重くても、それが脂肪に起因するのか筋肉に起因するのか、水分に起因するのかによっても変わってきます。

一番危険なのは、内臓の周りに脂肪がつく内臓脂肪型肥満で、もっとも健康障害を伴いやすいハイリスク肥満とされています。
自分の肥満度数値を把握し、肥満の場合はダイエットをしてできるだけ理想の数値に近づけることが、いつまでも健康な体でいるための秘訣だといえるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ