女性の肥満は解消しないと危険な事が多く存在します

男性よりも女性は肥満について気にする傾向が強くあります。
それは多くの場合、美容や外見上の特徴として気にされることが多いですが、それ以上に女性にとって肥満と言うのは解消しないと危険な事が多く存在します。
まずは女性特有のホルモンバランスの乱れです。

ホルモンバランスが乱れると生理不順になるだけではなく、情緒の不安定など精神面でもトラブルが起こるケースがみられます。
それだけではなくホルモンバランスに異常があると頭髪等に影響が出る事もあります。

また臓器面でも子宮を圧迫しますので、子宮筋腫等の病気を併発する可能性も存在します。
それだけではなく、出産時に母子に対して影響を及ぼす可能性が高くあるのです。

とは言え肥満になることへの恐怖から極端な食生活を送ることはかえってホルモンバランスを崩したり、出産等に必要なエネルギーの蓄えが無く出産リスクに繋がる事があるので栄養バランスに気を付けたバランスの良い生活をすることが必要です。

また下半身太りの場合には下半身に脂肪が溜まっている事が原因ではなく、血行不良により下半身に血液などの水分が溜まってしまっている場合もあるので注意をしましょう。

このような下半身太りの場合は体に血液がまわり辛くなっているため、冷え性や貧血の要因になることもあります。
上の部分で述べた様に、食生活の中で体そのものを温める成分のある食材や、暖かい飲み物を摂取することで根本の原因から改善していくようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ