肥満は体重と身長から計算するBMI指数が主な基準となります

肥満とは、正常な人に比べて、体重が多い状態や脂肪が多い状態のことを指します。
その基準とは、BMI指数によって区別させています。
BMI指数は、体重と身長から計算することができ、体重(Kg)/{身長(m)×身長(m)}で求めることができます。

この数値が18.5未満の場合は低体重となり、18.5以上から25.0未満の場合は平均体重、25.0以上の場合は肥満とされています。
25.0以上の場合にもさらに細かく分類される場合もあります。
これが主に基準となります。

しかしこの数字だけでは、一概に判断することができません。
その他にも、体脂肪率や内臓脂肪レベルなども計測する必要があります。
体脂肪率は、男女で適正値が異なります。
男性は、15%から19%が適正値となり、女性は、20%から25%が適正値になります。

体脂肪率を調べることによって、自分が筋肉質なのか脂肪過多なのかがわかります。
脂肪よりも筋肉の方が重いため、単純に体重だけで、太っているのか判断することはできません。

内臓脂肪レベルについては、体脂肪計を用いることによって調べることができます。
これを調べることによって、生活習慣病のリスクについて知ることができるので、こまめに計測することが重要になります。

このように自分の体重や肥満度を調べておくと、健康状態について知ることができます。
単純に体重だけを見るのではなく、様々な数字を知ることによって、病気に対するリスクを減らせるなどといったメリットがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ