糖尿病と肥満の関係について

糖尿病と肥満はとても関係が深いとされています。
過度の栄養摂取によって体に脂肪が蓄積され、肥満の状態になります。
脂肪細胞から分泌される成分はインスリンの働きを阻害するため、結果として太り過ぎが糖尿病の一番の原因になります。

過食により血糖値が上昇することでインスリンの必要量が増大しますが、脂肪細胞からの分泌成分によってインスリンが働かないため、最終的にはインスリンの分泌そのものが減少してしまいます。
また、皮下脂肪よりも内臓脂肪のほうが糖尿病を誘発しやすくなっています。

一度症状が現れると、ごく少量の食事でも血糖値が上昇し、様々な症状があらわれて日常生活にも支障をきたすようになってしまいます。
近年では食生活の変化や運動不足などといった生活スタイルの変化によって、未成年の患者も増加しています。

そのため、肥満の状態にならずに健康を維持する事が最大の予防法だといえます。
一口にダイエットと言っても単に体重を減らすのではなく、脂肪の割合を減らすことが重要です。

無理なダイエットは体調不良や病気の原因にもなるため、健康を維持しながら脂肪の割合を減らすダイエットを行う事が大切です。

専門の医療機関でのアドバイスを受けながら、自身の体に負担をかけないように食事制限や運動などのダイエットを行うことが挫折せずに長続きさせる秘訣です。
健康的な生活を営むためには、自身の体重の数値と脂肪の割合を常に把握しておくことが欠かせないと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ