中年男性が注意すべきりんご型肥満の基礎知識

一口に肥満といっても、その種類は様々です。
肥満になる原因や理由、症状などによってタイプが分かれる場合もあれば、その肥満のなり方や脂肪の付き方、特徴などによって分別される時もあります。

りんご型肥満はそうした脂肪の付き方によって区別される肥満の1種で、中年男性に多くみられるとされる肥満のタイプです。

その特徴として、脂肪が付く場所がお腹周りを中心にした上半身主体であること、内臓の周辺に脂肪が付く内臓脂肪型が多くみられること、という点があります。
特に前者のお腹周りに付きやすい点が特徴の最たる点で、これによりビール腹のような見た目になるため、その外見からりんご型と呼ばれる由縁とされています。

りんご型肥満は主に血行が良い内臓周辺に脂肪が付きやすいため、蓄積されるのも早いかわりに分解されるのも早めである特徴もあります。
しかしながら、人によっては個人差があり、皮下脂肪型のように付く場合もあるため、更年期を過ぎた女性にこの見た目の肥満が出てくる場合もあります。

一般的に内臓脂肪型は生活習慣病につながりやすく、体内に有害な悪玉物質を出しやすいため、高血圧や糖尿病など、循環器系の病気や成人病などの慢性疾患の原因となりやすいことで知られています。
したがって、りんご型肥満は早めに改善することが理想的とされます。

内臓脂肪型であるために分解もされやすいため、ジョギングやウォーキング程度の軽い有酸素運動でも効果的とされます。
栄養面ではカロリーの総数を抑え、炭水化物や脂質を控えてたんぱく質を多めに摂ると良い、と言われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ