糖尿病と肥満との関係につながる体の仕組み

人間の体にとっては、糖尿病も肥満も、共に深刻な症状の一種と言えます。
この2つの症状で共通して言える特徴として、いずれも血管や内臓などの消化吸収・循環器系をはじめ、体の機能に慢性的な弊害を及ぼす確率が高い点があります。
そしてこれら2つの症状は、因果関係があることも知られています。

まず、そもそも肥満になると、メタボリックシンドロームという動脈硬化を中心にした症状などの危険因子を含む、糖尿病につながる予備軍の状況になります。
メタボリックシンドロームになると、脂肪細胞から分泌させるアディポサイトカインと呼ばれる生理活性物質に異常が起きます。

このアディポサイトカインには善玉と悪玉の役割を持つものが共存しますが、善玉が減少したり悪玉が増加したりした時に、すい臓からのインスリンの分泌や働きを妨げる効果が発生します。

インスリンは血液中の糖分を分解する作用を持っているため、これが少なくなれば当然、血液中の糖分が分解されにくい状態となり、すると、血糖値の増大が起こり、糖尿が進行することになります。

そして、このアディポサイトカインの善玉減少・悪玉増加に影響するのが、肥満による脂肪細胞の肥大化や内臓脂肪の増加とされています。

つまり、脂肪の摂り過ぎによって血糖分解の作用を鈍らせ、糖尿になる確率が上がり、こうした仕組みが、糖尿を防止するための条件の1つとして、太り過ぎにならないようにすることが挙げられる理由となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ