バナナ型肥満は、筋肉が付きづらい為、筋肉の元になるたんぱく質を多く摂取する必要があります

バナナ型肥満の方の場合は脂肪も付きづらいですが筋肉も付きづらい人の体質です。
その為、1度脂肪がついてしまうと落とすのが難しいと言われています。

しかし、それは運動をして筋肉の熱を使って脂肪を落とすのが難しいだけで、元々は筋肉が少なくても基礎代謝が早いバナナ型ですから1日の基礎代謝量から食事のカロリーを減らすだけで劇的にではありませんが、痩せる事ができます。
その際の注意点としてはタンパク質の摂取量に気を付ける事です。

タンパク質の摂取を控えるのではなく、多くとる必要があります。
何故かと言うと、確かにカロリー制限をすることで元々の高い基礎代謝のおかげで痩せると言っても、筋肉量が少ないとまた太ってしまった際に痩せるまでに時間が掛かってしうからです。

しかもバナナ型肥満の人は100kgを超えてしまう人も多い為、ダイエットをしながら、ダイエットの予防をする必要があります。
その為、筋肉の元になるたんぱく質を多く摂取すると良いとされています。

また筋肉量が少ない為、過度な運動などは体力が持たなくなり、続かなくなってしまうので禁物で、運動も有酸素運動を取り入れたゆったりとしたストレッチに加え、体力がなくても行えるウォーキング等、体を動かしていても苦にならない運動から行うのが理想的です。

元々は太りづらいくあっさりとした味を好む人が多い為、一度筋肉が付けば肥満と言う言葉とはかなりほど遠い場所で生活することが可能となるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ