アルコールで肥満にならない為には、空腹時の飲酒を避け、寝る前の2時間以上消化の時間を取ることが大切です

太りたくないけど、ビール、ワイン、焼酎などお酒の好きな人はやめられません。
しかし少し気を付けるだけで肥満にならないような飲み方ができます。
お酒の種類によって、カロリーの量が違います。

更にビールの様に一気に飲める飲料は、量に比例して当然にカロリーが増え、どの種類のアルコール類がどの位カロリーがあるか把握しておくと、実際飲む時にカロリーの低いお酒を選ぶ事ができ、カロリーを抑える事が可能です。

また、空腹の時に一気にアルコールを飲むと、カロリーを消費しやすくなるので、飲む前に食物繊維を含む食品などを取ると良いでしょう。
飲み会などでは、乾杯の後に食べる習慣を付けると、一気飲みを防げ、一緒に食べる物に気を付けるとカロリーを低く抑える事ができます。

揚げ物など多く食べると、食事の総カロリーが高くなってしまいます。
低カロリーの料理を食べるようにしてください。
お酒を飲んでる時は、ついつい食べ続けてしまいので、食べ過ぎにも注意です。

それから飲み終わる時間にも注意してください。
酔ってしまうと時間の感覚も注意力もなくなってしまいますが、飲み終わってすぐ寝ては消化出来ません。
食事と同じで寝る前2時間以上は空けましょう。

少し気を付けて注意するだけで、肥満を防ぐ事が実現します。
アルコール摂取後の運動はいけませんが、休肝日を設けて、その日だけでもいいので運動しましょう。
いきなり激しい運動ではなく、軽い運動から始めてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ