うつ等の精神疾患と肥満の外見的な特徴や生活環境は密接にかかわっていると言えます

肉体的な健康の大敵でもある肥満ですが、実はうつにも関係しています。
肥満そのものは肉体的に血流の流れをどろどろにしてしまい、血液が循環し辛くなってしまうのです。
その結果、脳に行くはずの酸素や栄養分が届きづらくなります。

そして肥満になるという事は生活環境の乱れが大きくある為、暴飲暴食やアルコールの大量摂取など内臓に負担が掛かる場合が多くあり、内臓に負担が掛かると睡眠中でも脳は働かなければいけません。

更に喉周辺を圧迫したり頬が圧迫されて舌がおりてしまうため、睡眠中の酸素供給が少なくなり、睡眠不足から併発することもあるとされています。

また多くの太った人は自分自身の外見に対してコンプレックスを持ち、一旦太ると痩せるのは困難なケースもあり、失敗が続くことで自責から併発するケースや周辺の人と比較してしまいうつを発症させてしまうケースも多くあるのです。

太っていることに対して他人の目が気になったり、他人に太っている事を笑われているという被典型的な害妄想を起こす可能性も高くあります。
このようにうつ等の精神疾患と太っているという外見的な特徴や、太るに至るまでの生活環境は密接にかかわっているといっても過言ではありません。

このような状況になると個人でダイエットと言うのは虚飾嘔吐などの別の症状を発生させてしまうなど非常に危険な為、専門的な講師などを付けダイエットを行う必要が出てくるかもしれません。
そして大抵の人はダイエットに成功することでこの精神疾患から解放されるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ