肥満指数の一つであるBMIの概要と最も重要なこと

肥満指数の一つに、BMI(ボディマスインデックス)という指標があります。
これは、見た目が太っている、あるいは痩せているなどの指標ではありません。
健康であるかどうかの判断基準に使われます。

もちろんこれはあくまで目安でありますが、医学の世界においては非常に重要な指標としてとらえられており、病気のかかりやすさなどにも関与しているのです。
BMI指数は、国際的にも使われるため最も広く使用される肥満指数です。

これは身長と体重から判定し、一般人でも式だけ知れば簡単に出せることもあって、広く知られています。
式は体重を、身長のニ乗したもので割るだけです。

これにより肥満の程度がわかるのです。
BMI指数は22前後が標準だと言われています。
疫学的調査によると、この数値前後の方は、最も病気になりにくく、死亡率も低いという研究結果がでています。

ではそれ以下、あるいはそれ以上に目を向けてみると、18.5以下でやせ型、25以上で肥満だと言われ、肥満はその数値によりさらに4つに分類されます。
このようにただ単に見た目という相対的なものではなく、身長と体重という身近なものを使用して数値という絶対的なもので判断しています。

しかし注意点ももちろんあります。
それは標準体重の22前後が最もベストなのだから、その数値を目指すように生活習慣を改善しなければいけないのかということです。

もちろんそれに越したことはないのですが、あくまでこの数値は「目安」なのです。
数値にとらわれず、一番重要なのは個人ごとのベストな値であり、またその変化に気づくことです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ