妊娠中は2人分食べた方が良いとされてきましたが、現代は食べ過ぎによる肥満の問題があります

昔から妊娠すると母体から子供に栄養を与えなくてはならなくなるために、食事を2人分食べる方が良いといわれていました。
しかしこれは現代では間違いです。

昔であれば今ほど食生活が豊かではなく食糧事情が悪く限られた食事の中で取ることのできる栄養には限りがあるので2人分食べないと子供に十分の栄養を与えることができないという意味で言われていました。

しかし現在では食糧事情も非常に良いものであり、栄養のあるものもあふれており2人分食べなくても十分になってきています。
むしろ食べ過ぎてしまうことによる肥満という問題が出てきてしまいます。

妊娠中に必要以上のカロリーを摂取してしまうと体重が増えすぎてしまい、中毒症などの合併症が引き起こされ、母体にも胎内の子供にも悪影響を及ぼし危険になってしまいます。
無事出産に至っても産道に脂肪がついてしまい子供がうまく産道を通ることができなくなり、思いのほか難産になってしまうケースもあり適切な体重管理が必要になります。

体重管理をするうえで必要になってくることは、栄養バランスのとれた食事を摂ることです。
体重管理はできているけど偏った食生活であれば栄養が十分でなく発育に問題が出る場合もあります。

タンパク質、ビタミンやミネラル、カルシウム、鉄などの栄養素をバランスよく規則正しい食生活を送ることが重要です。
特にカルシウムや鉄は不足しがちになりますので多めに取るようにしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ