猫もダイエットして肥満の解消が必要です

猫を飼っている人から見れば、ぽっちゃりとした体型は可愛らしいと思うかも知れません。
しかし、ペットも人間と同じように太り過ぎは厳禁なのです。

なぜならば、健康面に様々な障害をもたらす原因となってしまうからで、小さな体で身体を動かしたり心臓を働かせたりしているわけですから、太っていれば内臓や体の機能に影響があるのが当たり前です。

肥満のままでは呼吸器系の障害や心臓病が起こり、糖尿病になってしまう可能性も出てきます。
物を言わないからわからないだけで、深刻な内臓疾患や関節痛になっているかも知れません。
飼い主は、重い病気を防いであげる為にも、体重のコントロールをしてあげなくてはなりません。

ペットの肥満の原因は、主に飼い主の餌の与え過ぎにある事が多く、必要以上の餌の与え過ぎは、猫にとっては不健康になってしまう原因になり、欲しがるからと言ってお腹がいっぱいになるまで与えてはいけません。

また、摂り過ぎたエネルギーを運動する事によって消費出来れば良いのですが、太ってしまうと動く事が嫌になり、運動不足になってしまいます。
余ったエネルギーが全て、脂肪になっていきます。
体重を減らすには、運動量を増やし、食事量を減らす事が有効なのです。

食事の量を極端に減らさなくても、人間と同じように1回の食事量を減らし、回数を増やすとエネルギーの消費が良くなり、ダイエットになり、また、運動を促すように猫の遊びの空間を作ったり、飼い主が相手をしてあげる時間を増やす事も改善に繋がります。
長生きさせてあげる為にも、肥満を解消して健康的な体重にしてあげる事が大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ