アメリカは肥満が多くなっており、最近では日本食が見直され、また食育も進められています

アメリカにいくと日本では見られないような大柄な人が非常に多くいます。
特に問題となっているのが肥満児です。

食生活を見てみると、マクドナルドなどのファーストフードが人気で、他にも、お菓子は砂糖の塊のような甘いケーキやチョコレート、さらに油たっぷりのポテトチップス、そしてその食べる量が多いのです。

日本人の私達にとっては、それでは肥満になるのは当たり前でしょう。
食事も日本のようにバランスを考えてくつられた料理は少なく、アメリカの食卓をのぞいてみると、ピザやケンタッキーのフライドチキンなども平気でテーブルに並んでいます。

家庭にもよるのは当たり前ですが、一般的にみて、食事は単においしいものでおなかを満たすもの、と考えられており、日本のように体にいいものを取り入れようという考え方はあまりみられません。

しかし、最近では日本食が見直され、アメリカでもバランスのとれた食事を目指す家庭も増えてきています。

肥満大国であったがゆえに、食育も進んでおり、野菜の摂取量は現代の日本人よりも多いとのデータも出ています。
逆に日本人がかつてのバランスのとれた食事をする機会が減ってきており、このままでは逆転されるのではないかという懸念も存在します。

欧米人は体質的にも太りやすい人種であることも関係しているでしょうが、食育の進み方すばらしいものがあり、日本もかつてのバランスのとれた食事を心がけ、体に良いとされている野菜と魚を中心とした、をおいしい日本食を食べる若者が増えるべきでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ