肥満の原因は、肥満細胞の占める体積が増えることにあります

肥満の原因は、肥満細胞の占める体積が増えることにあります。
人間がとり過ぎたエネルギーを脂肪にかえて蓄えるのが役割です。
飢餓の際には脂肪として蓄えられていたエネルギーを放出する大切な役割を担っています。

しかし、飢餓よりもエネルギー過多の方が問題になってきている現在、肥満対策は欠かせなくなっています。
肥満の原因は、肥満細胞一つ一つの大きさが大きくなることと、細胞自体の数が増えることの2種類あります。

高カロリーの食事を食べ続けると、細胞の大きさは100倍以上に膨れ上がります。
中には脂肪がたっぷり詰まっているためです。
なるべくなら細胞数を減らしたいものです。
人間には細胞が特に増える時期があります。
それは、2歳までの乳幼児期です。

この時期に食べ過ぎると細胞の数を大きく増やしてしまい、しかも減ることはありません。
乳幼児期の食事方法によっては、生涯にわたり太りやすい体質に変えてしまうことがあるのです。
細胞数自体は乳幼児を過ぎても少しずつ増えていくようです。

成長した後でも肥満することによってさらに数が増えます。
ダイエットは細胞数を減らしません。
ダイエットによって脂肪が落ちたように見えるのは、細胞数が減ったからではなく、細胞の中に蓄えられてある脂肪が減ったためです。

本当に細胞を減らしたいならば、脂肪吸引やレーザーで脂肪組織自体を取り除くほかありません。
その他にこれからできることといえば、いかに細胞数を増やさないかということです。
高カロリー食や暴飲暴食による肥満は避けることです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ