メタボチェックの一番簡単な方法は肥満度を計算することです

生活習慣病や成人病などを予防するためにメタボリックのチェックが必要です。
このメタボチェックの一番簡単な方法が肥満度を計算することです。
肥満度はボティマス指数、略してBMI指数とも言われ、体重と身長から計算できます。
計算方法は、体重を身長の二乗で割ります。

BMI指数が20未満だとやせぎみ、20から24が普通、24から26.5が太り気味、26.5以上が太りすぎということになります。
大人になると身長の変化は少ないので、身長は年に一回程度の健康診断の時に測定した値を用いることが出来ます。

体重は家庭や銭湯などにもある体重計で手軽に量れますので、BMI指数を計算することは最も簡単な方法です。

ただ、BMI指数は平均的体型の人について簡易に計算するものですから、筋肉が隆々とした人や、部分的に太っているなど標準体型に合わない人には、正確な数値を計算できません。

他には、体脂肪率から求める方法もありますが、体重計と一体となった体脂肪率計なども含めて、標準体型の人を基準とした簡易な計算方法で求めていますので誤差があります。
腹部のCTスキャナ画像から内臓脂肪の面積を計算して求める方法もあります。

この方法は内臓脂肪が一目瞭然で標準体型に頼らない方法なので精度が高い方法です。
しかし、CTスキャナによる検査が必要ですから、なかなか一般的な方法にはなっていません。
簡易な方法でも目安として使い、肥満解消に役立てば十分です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ