下半身痩せストレッチは血液循環が良くなるのでストレス解消にも役立ちます

下半身痩せストレッチには、ダイエット以外にもストレス解消の効果があります。
ゆっくり温泉に浸かったりエステでマッサージをしたりすると心身共にすっきりしますが、そういった時間が取れない、または金銭的に難しい場合には、デトックスやストレス解消、そしてほっそり脚まで手に入る下半身痩せストレッチを試してみましょう。

ターゲットは体の中で一番大きな筋肉の前太腿とふくらはぎで、むくみやすく老廃物が溜まりやすいこの2ヵ所を改善すると基礎代謝が上がって、下半身だけでなく全身のダイエットにも役立ちます。

前太腿は歩くときに脚を持ち上げる役割がある体の中で一番強い筋肉で、疲労が溜まって固くなりやすいので、定期的にほぐさないと血液循環が悪くなって脂肪が蓄積します。

やり方は、片足を曲げて、もう片足は伸ばした状態で上体をゆっくりと後ろに倒します。
曲げている脚の前太腿が緩んだことを確認してから、伸ばしていた方の爪先を両手で持ち上げます。

また、下半身の血流を担う第二の心臓と呼ばれているふくらはぎは、固くなると下半身から血液や老廃物が順調に流れなくなり、その結果全身の血流が悪くなって体調不良を起こすので、念入りにストレッチしましょう。

まず仰向けになった状態で両足の爪先を天井に向かって伸ばし、息を吐きながら足首を曲げて、太腿の裏・膝裏・ふくらはぎ・アキレス腱を伸ばし、最後に爪先で円を描くように回します。

入浴後や就寝前に行っていると、徐々にむくみが軽減され下半身がすっきりしてくるのを感じ取れるだけでなく、血液の循環が良くなって毎日のストレスもリセットできるので、是非日課にしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:下半身

このページの先頭へ