下半身太りの原因は脂肪が付きやすいため、部分痩せをするには適度な運動をしよう

足が太くてなかなか細くならない、お尻が大きくて困っている、太ももが太くて細身のパンツが履けない等、下半身が太っているという悩みを抱えている人は多いです。
部分的にダイエットを始める人もいるかもしれませんが、下半身は食事制限などで痩せられません。

主な原因としては骨盤の歪みから痩せにくくなり、脂肪が付きやすく、女性特有のセルライトが蓄積してしまう可能性が高いからです。
簡単な部分痩せの方法としては、自宅で手軽にできる踏み台昇降ダイエットがあります。

これは、階段や段差を利用して上ったり下ったりを繰り返すだけで、やり方は簡単ですが下半身に負荷がかかる運動ですので、行っているうちにかなり息も上がってくるでしょう。

最初の段差は15センチ以内にするのがポイントで、要らなくなった雑誌などを束ねてガムテープなどで止めて作ったものでも充分です。
あまり急激に急いで行うのではなく、自分のペースで無理なく毎日継続する事をお勧めします。

また、骨盤の歪みを改善するにはヨガが効果的な方法です。
一つ一つの動作はゆっくりですが、呼吸法も深く関係していて、日常使わない筋肉を動かしたりする事で新陳代謝も上がるので、老廃物の排出を促して痩せやすい体になりストレス解消にも繋がります。

ヨガマットがない方はバスタオルでも充分代用できますし、初めからうまくできなくてもまずは呼吸を意識して正しいやり方であれば効果は表れます。
どれも継続することが大事なので、自分に適したものを取り入れてみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:下半身

このページの先頭へ