下半身の筋肉トレーニングとして必要なこと

下半身に脂肪が付き過ぎてダイエットしたいと思っている方や、筋肉トレーニングとして強化することを望む方には、トレーニングとしては基本的で必要となる運動方法があります。
最も基本とされているものは、走り込みです。

ウォーキングといって、単に歩行を続けることも一定の効果はありますが、それより一歩進んで走り込みをすることは、より大きな効果を実感することができます。
この運動に必要とされることは、太ももを意識して高く持ち上げることです。

外だけでなく、室内でも同様の運動を行うことは可能で、ウォーキングに特化した機器も用意されていますが、定位置で足踏みをしたり、その場で左右のももを交互に連続して上げ下げする運動でも効果は高くなります。

同様に、室内でのトレーニングとして有名なものにスクワットがあります。
スクワットを行う手順としては、直立した状態から姿勢を保ち、その後は背中を丸めないように注意しながら膝関節の屈曲と伸展を繰り返す運動の流れになります。

この際に注意したいことは、膝の関節は曲げ過ぎないようにすることと、背筋を可能な限り伸ばして行うことです。
スクワットができる回数が増えたら、両手にダンベルなどを持って行うと効果が上がります。

また、ふくらはぎのトレーニングも効果が期待できます。
基本的な運動としては、片足立ちの姿勢から片方の足を浮かせたまま腰を落とし、再び元の姿勢に戻る運動です。
難易度は高いものですが、抜群の効果を上げることができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:下半身

このページの先頭へ