正しい下半身浴の仕方を説明します

ダイエットにも効果のある下半身浴ですが、せっかくなら、効果がある入り方を知って、心も体も気持ち良くなりたいところです。
そこで、下半身浴の基本を紹介します。
まず、胸から下だけをお湯につけ、腕は浴槽から外に出しておきます。

お湯の温度は37~38度で、体温より少し高い程度で十分です。
そのお湯の中に20~30分ほど、ゆっくりと時間をかけてつかります。
ラジオや好きな音楽を聴いたり、アロマを楽しんだりすると、30分という時間もあっという間です。

冬場はすぐにお湯が冷めてしまい風邪をひいてしまうので、お湯の温度は少し高めの40度くらいまで設定しても大丈夫でしょう。
20~30分ほどお湯につかっていると、身体の芯が温まってきて汗が出てくるようになります。

汗が出れば湯冷めはしません。
最初、慣れないうちは、胸から上が寒いような感じがしますが、そこは少し我慢して、しばらくつかっていましょう。
そうすると、徐々に体の芯が温まってくるはずです。

風呂椅子などを浴槽に入れて、上半身が少し上に出るように工夫したり、ふたをして、雑誌や本を読みながら過ごすのも良いでしょう。
また、入浴剤は、お湯をやわらかくする効果があるので使うと効果が倍増します。
半身浴は、体内毒素を出すという健康法です。

いくら、こたつや暖房器具などで下半身を温めても体内毒素は出てきません。
体を芯から温めることで効果が現れるので、正しい下半身浴を行うことをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:下半身

このページの先頭へ